当院で治療できるよくあるお悩み

24時間WEB予約
一番上に戻る
一番上に戻る
TEL:0422-28-7500WEB予約はこちら

歯の形や歯並びが気になっている

治療の特徴

歯の形や歯並びが気になっている審美歯科でも歯並びや歯の形を治すことは可能です。
「歯並び」に関しては、大きく歯を移動させる(矯正歯科治療を行う)ことはできませんが、プチ矯正と呼ばれる歯の傾きを変える程度のことでしたら、矯正歯科治療と比べて低価格・短い期間で治療が可能です。
「歯の形」についても自由に製作することができます。

治療方法

  • セラミッククラウン
  • セラミック矯正
  • ラミネートベニア

できれば歯を抜かずに矯正したい

歯を抜かずに行う矯正治療の方法についてご説明します。
これには大きく分けて3つの方法があります。
1つは「抜歯をせずに奥歯を奥に移動する方法」、2つめは「抜歯をせずに歯並びを外側へ広げる方法」、3つめは「抜歯をせず歯を削ってスペースを作る方法」です。

1奥歯を奥に移動

奥歯を奥に移動することで歯が収まるスペースを確保します。基本的に親知らずは抜歯します。「歯を抜かない」とは「親知らず以外の歯を抜かない治療」とお考えください。

2歯並びを外側へ広げる

歯が生えている骨の幅を外側へ広げることによってスペースを確保します。わずか数ミリ歯を動かす程度なので、お顔の輪郭が変わることはありません。

3歯を少し削って広げる

歯の表面のエナメル質を少しだけ削ってスペースを確保(ディスキング)します。例えば1本あたり0.3mm削った場合、10本で3mmのスペースを作ることができます。削った場所には虫歯にならないようフッ素を塗布します。

出っ歯やすきっ歯を治したい

出っ歯

出っ歯に対するイメージ

出っ歯出っ歯を「個性」にしているキャラクターや芸能人がいるためユーモラスなイメージがありますが、実際に出っ歯で悩んでいる方は少なくありません。出っ歯とは一体何なのでしょうか?

出っ歯について

出っ歯は歯科医院では歯並びの悪い例の一つ「不正咬合(ふせいこうごう)」に分類されます。上顎が前に出ている、あるいは、前歯が大きく一部が見えている状態のことを出っ歯といいます。
ちなみに、きれいな歯並びは「正常咬合(せいじょうこうごう)」といいます。

不正咬合とは

不正咬合とは、噛み合わせや歯並びが悪い状態のことをいいます。この状態はブラッシングしにくく汚れが溜まりやすいため、虫歯や歯周病になりやすいことがデメリットです。
不正咬合には、上顎前突(じょうがくぜんとつ)や開咬(かいこう)など様々な症状があります。
治療法は種類や状態によって様々で、患者様のご要望や医師の診断によって異なります。
当院では、セラミック治療・マウスピース矯正(インビザライン)で治療をします。

すきっ歯

すきっ歯すきっ歯とは、歯と歯の間に隙間が空いている状態のことをいいます。歯に穴が空いたわけではなく、自然に隙間が空いている状態です。
虫歯や歯周病で奥歯がなくなり、前歯に隙間が空いてしまう場合もあります。
歯と歯の隙間に食べかすが詰まって虫歯になりやすいため注意が必要です。

ガミースマイルを治したい

ガミースマイルを治したいガミースマイルとは、笑ったり会話をしているときに歯茎の大部分が見えてしまうことを言います。
ガミースマイルは病気ではないので、治療を行っていない歯科医院がほとんどです。
当院では、ガミースマイルでお悩みの方のために歯肉整形術を行っています。
歯の上の余分な歯肉を切り取るだけで歯肉の露出が減り、ガミースマイルが解消します。
麻酔をしてから歯肉を切り取るだけなので、施術時間は30分程度です。
歯肉を切り取るので歯が長くなりますが、見た目がおかしくなることは当院の経験上まずありませんのでご安心ください。

差し歯が黒ずんでいる

歯の神経が既にない場合、一般的な差し歯は金属の土台を歯の根っこに立て、その上に内側が金属、表面がセラミックの被せ物を被せて作ります。
差し歯の周りの歯茎が黒ずむ大きな原因は、この金属の中に含まれる銀イオンです。
差し歯は歯茎に金属が触れていないと思われがちですが、実は差し歯と歯茎の境目は金属で触れています。
歯茎は常に濡れているため、金属イオンが歯茎へと常時溶け出します。
歯茎は銀イオンを嫌うため、黒くなったあとは歯茎が下がり、歯の根っこが露出してしまう場合もあります。
また、土台に使われる金属からでる銀イオンが象牙細管という細い管に入り込み、歯の根っこを黒くする場合があり、これが歯茎を黒くする原因になる場合もあります。

歯が黄ばんできた

外部要因

外部要因色の濃い食べ物や飲み物を摂取すると、ポリフェノールなどが唾液の中のタンパク質と結合した汚れとなる「ステイン」が付着しやすくなります。
また、タバコの「ヤニ」はステインよりも粘着力が高いため、より歯を黄ばませる働きがあります。
ステインやヤニは時間が経過するとエナメル質の中に浸透してしまうため、歯が黄ばんでしまいます。
簡単にいうと、洋服についたカレーのシミが、時間が経過すると落としにくくなるイメージです。

内部要因

歯の色はエナメル質のすぐ内側にある象牙質の色に影響されます。
象牙質は人によって強弱がありますが「黄色い」色をしているため、歯の色に個人差がでます。
一般的に、加齢と共に歯は黄ばんでいきますが、これは表面のエナメル質が加齢と共にすり減る反面、象牙質は厚くなっていくためです。
加齢の他にも、「抗生物質」によって歯が黄色くなる場合があります。
マイコプラズマ肺炎などの際に服用する「テトラサイクリン」は、歯が生え揃っていない子供が服用すると歯が黄ばむ場合があります。
この場合、様々な対処法がありますので、一度ご相談ください。