すきっ歯の治療

24時間WEB予約
一番上に戻る
一番上に戻る
TEL:0422-28-7500WEB予約はこちら

すきっ歯を改善したい

すきっ歯とはすきっ歯とは、歯と歯の間に隙間ができている歯並びのことですが、専門的な呼び方では空隙歯列(くうげきしれつ)といいます。見た目の悪さや、歯と歯の隙間に食べ物が詰まりやすいことで虫歯や歯周病になりやすいことや、隙間から空気が漏れてしまうことで発音に問題が出るなどのデメリットがあります。また、2本の前歯の間に隙間が空いている状態を正中離開(せいちゅうりかい)といいます。

すきっ歯の原因

すきっ歯のように歯と歯の間に隙間が空いてしまう主な原因は2つあります。主な原因として1つは生まれつきによる先天性のもの、もう1つは習慣や癖による後天性のものです。それぞれご紹介します。

生まれつきのすきっ歯

生えてきた歯が小さい

生えてきた歯が小さすぎるまたは形が悪いと、どうしても歯と歯の間に隙間が空いてしまいます。

欠損により生える予定の歯が生えてこない

成人の場合、通常だと永久歯は親知らずを除くと28本ですが、10人に1人程度の割合で永久歯の数本が根っこや骨の中に埋まったままなど、何らかの原因で生えてこない場合があります。本来なら歯が生えるべき場所に生えないので隙間ができてしまいます。

歯と顎のバランス

顎の大きさに対して歯が小さすぎると、歯と歯の間に隙間ができてしまいます。それは、顎の大きさに対して歯が小さい場合や、歯の大きさに対して顎が大きい場合などです。隙間ができる部分は人によって違い、前歯だけの場合もあれば全体的に隙間が空いている場合など様々です。

習慣によるすきっ歯

癖で頻繁に頬杖をつく

癖で頻繁に頬杖をつく頬杖をつく癖がある方はやめましょう。頬杖をつくことで奥歯の噛み合わせが悪くなってしまいます。この癖は歯並びだけでなく姿勢も悪くなります。もしこの癖が習慣になっている場合は意識して直しましょう。

いつも決まった姿勢で寝ている

人の骨格は仰向けで寝るように成長するため、子供の頃から仰向け以外の姿勢で寝る習慣を続けていると、全身の骨が寝る姿勢に合わせてゆがんでしまいます。
いつも同じ姿勢で寝ていると骨格がゆがみ、歯列や顎や顔面の骨にも悪影響を与えてしまいます。寝る向きがいつも同じ方は、まくらやクッションを使って寝姿勢を矯正しましょう。

舌を前に出す癖で歯が広がっている

舌を前歯の裏に押し付けて食べ物や飲み物を飲み込む癖がある方は、前歯が徐々に開いていき、それが進行するとすきっ歯になってしまいます。
子供の頃に指しゃぶりの癖が治らず出っ歯になっている方や、唇を閉じる際に力を入れないと閉じられない方にこの傾向があります。
このような舌壁(ぜつへき)を治すためにはトレーニングが必要になりますが、大人になるとこの癖は中々直りません。そのためすきっ歯を矯正で治しても、また舌で前歯を押してしまい、後戻りがしやすいです。

放置するとどうなるか

虫歯や歯周病の原因に

虫歯や歯周病の原因にすきっ歯は、歯と歯の間に食べかすが詰まりやすいため、きちんとブラッシングができていないと歯の隙間に細菌が繁殖して虫歯になったり、歯肉炎や歯周病になりやすくなります。また、これによって不快な口臭に悩まされることもあります。

発音がしにくくなる

歯と歯の間に隙間があるため、サ行やタ行の発音がしにくく、他の人から聞き取りにくいことがあります。

胃腸に負担がかかり、全身に影響が出る場合も

すきっ歯のままだと噛み合わせに影響が出て、食べ物を思うように噛み砕くことができません。そのため、うまく飲み込みができない場合があります。こうした状況が続くと胃腸に大きな負担がかかり、お口だけでなく全身に悪影響を及ぼす恐れがあります。
このように、すきっ歯には多くの弊害がありますが、不自然に隙間が空いた歯は目立つため、皆さんが一番気になる部分は見た目ではないでしょうか。この見た目をきれいにするための治療法をご紹介していきます。

すきっ歯の治療方法

当院でできるすきっ歯の治療方法

すきっ歯と言っても、様々の症状(軽度~重度)があります。
当院ではどんな症状でも対応できるように、審美治療専門のドクターと矯正専門のドクターが常時おり、
どんな症状の方にも対応できるよう治療法も複数ありますので、気になる方はお気軽にご相談下さい。