歯並びの悩み

歯並びの悩み

出っ歯/上顎前突(じょうがくぜんとつ)

出っ歯/上顎前突(じょうがくぜんとつ)正式名称は上顎前突(じょうがくぜんとつ)といいます。
上前歯が極端に前に突出していたり、下顎が後ろに下がりすぎている状態です。
顎の骨格的な問題の場合と、歯だけが前に突出している場合があります。

受け口/下顎前突(かがくぜんとつ)、反対咬合(はんたいこうごう)

受け口/下顎前突(かがくぜんとつ)、反対咬合(はんたいこうごう) 下顎前突(かがくぜんとつ)は、上下の歯を噛み合わせた際に、上の前歯よりも下の前歯が前に出ている状態です。
下の歯に上の歯がかぶさらないため、下の歯が根元から先端まで見えてしまいます。一般的には「受け口」と呼ばれる症状です。

乱ぐい歯・八重歯/叢生(そうせい)

乱ぐい歯・八重歯/叢生(そうせい) 叢生(そうせい)とは、顎の大きさより歯が大きいために歯がキレイに並ばず、歯列のバランスが崩れた状態のことをいいます。
顎の大きさにに対して歯が大きいことや、顎が小さいことが原因です。
すべての歯が生えるスペースがない場合、歯は正しい位置に生えることが出来ないためズレて生えてしまい、隣の歯と重なってしまいます。一般的には「乱ぐい歯」と呼ばれ、八重歯も叢生の一種です。

すきっ歯/空隙歯列(くうげきしれつ)

すきっ歯/空隙歯列(くうげきしれつ)空隙歯列(くうげきしれつ)とは、歯と歯の間に隙間があいている状態で、一般的にはすきっ歯と呼ばれています。
歯の大きさに対して顎が大きかったり、歯が小さいことなどが原因とされています。

開咬(かいこう)

開咬(かいこう)上下の歯を噛み合わせた際、奥歯は噛み合うのに前歯が噛み合わず、上下の前歯に隙間があいている状態のことをいいます。 お口の中が乾燥しやすく、むし歯・歯周病・顎関節症になりやすくなります。

交叉咬合(こうさこうごう)

交叉咬合(こうさこうごう)とは、顎の位置がズレているために、一部の上下の噛み合わせが反対になっている状態のことをいいます。
成長期に下顎の位置がズレていると、顎骨の正常な成長を妨げ、状態が悪化する可能性があります。そのため、噛み合わせが悪いだけでなく、顎骨が変形してお顔がゆがんでしまう可能性があるため、早めに矯正治療を受けることをおすすめします。

口ゴボとは?

口ゴボとは?

お口を閉じたときに上下の唇が前に出て、口元がモッコリと膨らんだ状態を口ゴボと言います。
口ゴボは専門用語がないため明確な定義がありませんが、「上下顎前突」が専門用語として近いと思われます。
口ゴボの判断基準の一つとして、お顔を横から見たときの鼻と顎先を結んだEラインという線よりも上下の唇が前に出ている方が該当します。
また、お口を閉じたときに顎先に梅干しのようなシワが出来ることも特徴といえます。

口ゴボが引き起こす原因

口ゴボは見た目の問題だけでなく、様々なお口のトラブルや健康面への影響も懸念されます。
口ゴボによって引き起こされる問題をご紹介します。

見た目へのコンプレックス

口ゴボでお悩みの方の中には、横顔を見られることに抵抗を感じたり、マスクで口元を隠すという方がいらっしゃいます。
見た目を気にして日常的にコンプレックスを抱えた状態は、精神的なストレスになりやすくなります。

口呼吸による虫歯・口臭・着色

口ゴボの方はお口を上手く閉じることが出来ないため、お口の中が乾燥しやすく、唾液の効果が低下して虫歯、口臭、前歯の着色が起きやすくなります。
毎日きちんと歯みがきをしているのに、このようなお口のトラブルが発生する場合、口ゴボによる口呼吸が原因かもしれません。

口呼吸によって病気のリスクが高まる

口ゴボによる口呼吸は、全身に様々な影響を及ぼす可能性があります。
口呼吸は、鼻呼吸と比べて空気中のほこりやウイルスが体内に侵入しやすくなるため、人によっては風邪などにかかりやすい場合があります。
口ゴボが直接病気を引き起こすわけではないものの、口ゴボによる口呼吸によって細菌やウイルスに感染しやすくなる可能性が高まります。
口ゴボの改善は、こういった病気のリスクを低減させることにも繋がると考えられます。

身体がゆがむ

すべての不正咬合に言えることですが、噛み合わせの悪さは全身のバランスのゆがみを引き起こすリスクもあります。
左右でバランスがとれていないと、片側のみに重心がかかることで筋肉が緊張し、肩こりや頭痛といった症状が出ることも考えられます。

口ゴボをセラミック矯正するメリット・デメリット

メリット
  • 理想的な歯並びになる
  • スマイルラインが引き締まる
  • 美しい横顔ラインになる
  • 口呼吸によるお口や唇の乾燥が改善される
  • 歯の色やサイズ、バランスも整えることが可能
  • 後戻りがない
デメリット
  • 神経の治療が必要になるケースが多い
  • 神経を取らない場合、大きな傾斜を改善することは難しい
  • 重度の口ゴボの場合、セラミック矯正では治療ができない
一番上に戻る
TEL:0422-28-7500 24時間WEB予約24時間WEB予約