術前矯正とは

術前矯正とは

術前矯正とは 上顎と下顎が著しくズレている場合や、矯正治療のみでは治療が難しい場合、手術と矯正治療を併用した治療を行います。最終的に上下の歯が理想的な噛み合わせになるよう、術前に矯正治療を行い、予め歯列を整えておきます。これを術前矯正と言います。
術前矯正が終わったら、セラミック矯正への治療に移っていき、理想的な歯並びにしていきます。

該当する主な症状の方

どんな方が術前矯正治療法を受けるかですが、以下のような症状をお持ちの方が該当となります。

  • 前歯のが並びがひどくデコボコしている場合
  • 下顎が極端に後ろに下がっている、または、顎がない。笑うと歯茎が目立つ。(上顎前突症)

不正咬合の中でも骨格的な不正咬合、つまり骨格自体が大きな問題となって歯並びが乱れている方に対して適応される治療法です。

術前矯正の必要性

術前矯正の必要性 骨格的な問題(受け口など)がある場合、人の身体の自然反応として、反対咬合の度合いが出来るだけ少なくなるよう、上前歯は外側に傾き、下前歯は内側に傾きます。この作用を専門的には「歯性補償」と呼びます。
前歯が歯性補償したまま手術を行った場合、下顎を下げる量が減少し、顔つきまで整えることが期待できません。傾いた前歯を正しい角度に整えることで、下顎を適切に下げることができ、上下の顎をバランスよく整えることが可能になります。術前矯正が必要な理由はそういったことからです。また、上の小臼歯を下顎前突症の術前矯正で抜くことが多いのもこのような理由からです。
通常の矯正治療のみで歯列を改善する場合とは歯を動かす方向が逆になるため、治療を始める前に手術を受けるかどうかを決める必要があります。

一番上に戻る
TEL:0422-28-7500 24時間WEB予約24時間WEB予約