神経を残す治療

可能な限り神経は残す

セラミック治療では、歯の大きさや形・向きなどを調整するため、歯を削る処置が必要になります。極端に歯並びが悪い場合は、神経を抜く処置(抜髄)が必要になるケースもあります。しかし、健康な歯周組織は可能な限り残すに越したことはありません。
キレイな歯並びにするためのセラミッククラウンによる治療は、一般歯科や審美歯科でも行われていますが、必要がないのに神経を抜く処置を行ってしまう歯科医院が数多く存在しています。
これは、神経を残したままセラミック治療を行うと、治療後に痛みが生じるリスクがあるためです。しかし、注意深く正確に歯を削れば、神経を抜かなくても問題がないケースが数多く存在します。当院では、その時だけ良ければ良いという治療にならないよう、残せると判断した神経は残すように治療を行っています。

噛み合わせと審美性がポイント

噛み合わせと審美性がポイントセラミック治療を受けると、白く透明感のある歯になり、その見た目の美しさはセラミック治療の最大のメリットです。しかし、セラミック治療で大切なポイントは、見た目の美しさだけでなく、噛み合わせなどを含めた機能性の高い仕上がりになっているかどうかです。
正しい噛み合わせでないと、硬いものが噛みにくい、咀嚼が上手くいかない、顎に痛みが生じる、肩こりや頭痛の原因になるなど、様々な影響が出てきます。
セラミック治療はもともと矯正治療の一種であるため、歯並びや噛み合わせを改善することが目的です。このことから、セラミック治療において重要なことは「噛み合わせ」と「見た目の美しさ(審美性)」の2つになります。セラミック治療を受ける際は、ぜひこの2つのポイントを重視して、歯科医師に仕上がりを確認するようにしましょう。

一番上に戻る
TEL:0422-28-7500 24時間WEB予約24時間WEB予約