ガミースマイル

ガミースマイルについて

ガミースマイルについて「ガミースマイル」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?「ガミースマイル」とは、一般的に笑ったときに上の歯茎がたくさん見えてしまう口元のことを言います。
この症状の原因の多くは、もともとの骨格や歯にあり、たくさん歯茎が見えてしまう方は笑うことが苦手になってしまう方もいらっしゃいます。
ガミースマイルはその人の「個性」として考えることも出来ますし、「この程度歯茎が出ていたらガミースマイル」と決めつける事も出来ません。
しかし、口元が気になって思いっきり笑うことが出来ない方や、どうしても口元を治したいという希望をお持ちの方は、矯正治療でガミースマイルを改善することが可能です。

ガミースマイルと言われる場合

ガミースマイルと言われる場合

骨格や歯が原因のケース

上顎の骨が縦に伸びている場合や、下顎に比べて上顎の骨や歯が前に突出している出っ歯(上顎前突)の場合、ガミースマイルを引き起こしやすくなります。唇に対して、上顎の歯茎が長くなるため、唇に歯茎が収まりきらずに歯茎が多く露出していまします。 井の頭矯正歯科・審美歯科では、こうした骨格や歯が原因となるガミースマイルの治療を行っています。これらの症状の場合、ガミースマイルの問題だけでなく、不正咬合の問題などを抱えているケースも多いため、骨格や歯並びといった根本的な改善が効果的です。

唇に問題があるケース

上唇を持ち上げる筋肉が過剰に発達していたり、上唇の縦の長さが短いなどの場合があります。

歯茎に問題があるケース

歯茎が過剰に発達していたり、歯に覆いかぶさっているなどの場合があります。

ガミースマイルの治療法

歯が小さい場合には「歯肉切除」「歯冠長延長術(クラウンレングスニング)」、歯の位置が下前方すぎる場合には「歯冠長延長術+セラミック矯正」「インプラント矯正」による治療を行います。上唇が上がりすぎる場合には「上唇粘膜切除術(LIP)」による治療を行います。

上唇粘膜切除術(LIP)

歯茎と上唇の間にある粘膜を切除し、上唇が上がらないように縫合する手術です。1回の施術で長期間の効果が期待できます。

歯冠長延長術(CLP:クラウンレングスニング)

露出している歯茎を除去して歯を大きく見せる手術です。ダウンタイムが必要になりますが、後戻りはしにくいという特徴があります。同時にセラミック矯正で歯並びを整えることも可能です。

インプラント矯正

インプラント矯正によって、歯と歯茎を正しい位置に動かしていく治療方法です。ガミースマイルの治療だけでなく、同時に歯並びを整えることも可能です。一般的な矯正治療よりも短い期間で治療が終了し、後戻りの心配もありません。

一番上に戻る
TEL:0422-28-7500 24時間WEB予約24時間WEB予約